angers|アーティシャルフラワー angersでは、アーティシャルフラワー・プリザーブドフラワー・ドライフラワーなどを用いたオリジナルのブーケやリースを通じて、ブライダルのような特別な一日から、何気ない日常まで、様々シーンを華やかに彩る空間の演出をご提案致します。お好みのイメージに合わせてオーダーメイドでお作り致しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

生花を超えるアーティシャルフラワーの魅力

アーティシャルの蘭

 

 

 

 

昔勤めていた生花店は、胡蝶蘭専門店かの如く、胡蝶蘭が所狭しと並んでいました。
とてもデリケートなお花で、少しでも傷を負わせたり、1輪でも落としてしまうと、格段に価値が下がってしまうので大変気を使います。
ブーケやコサージュに使うときも、ワイヤーや爪で傷つけないように神経を磨り減らすような...私にとっては今も緊張の花材です。

 

見た目にも優雅で品がよく、開花の状態での持ちもよく香りもほとんどない、慶事ごとはもちろん様々な用途に応じたギフトとして、幅広いシーンで活躍するスーパーフラワーです。
胡蝶蘭にもいろいろな品種があり、輪の大きさや、色、模様の入った花びらなど、白い胡蝶蘭が多く出回る中、ポッと浮き出て見えるそれらはとても魅力的に見えます。

 

 

胡蝶蘭の花びらの中央部分をリップといいます。

 

 

 

 

 

 

↑これが一番よく見かける白の胡蝶蘭。リップはほんのり黄色です。

 

 

 

 

 

 

 

↑芯が赤い胡蝶蘭はそのまま「リップ」と呼びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ピンクの胡蝶蘭

 

 

 

 

以前働いていた沖縄では蘭が多く生産されていましたが、これよりもっと濃い赤に近いピンクの胡蝶蘭が主流で、白い胡蝶蘭は内地(本土)から届きます。
もともとの原産国、東南アジアに近い気候で蘭が育ちやすい環境なのでしょう、胡蝶蘭に限らず、普通に木にぶら下がって蘭が花を咲かせています。
先端のつぼみまで開花する湿度って...っとはじめは思いましたが、沖縄産の蘭の美しさに目覚めると感謝、感謝の気候と思うように...温度だけなら今や内地の方が高いくらいですし...そのうち沖縄の方が避暑地になるんじゃないかと話していたころが懐かしく思い出されます。

 

話を現在に戻して、アーティシャルフラワーも常に進化していて、グリーンや多肉などは本物と間違うくらいリアルなものもたくさんありますし、本物を超えて美しいもの、本物にない色や、お花の枠を超えてインテリアとして、これもありかなと思えるアイテムがいっぱいです。そしてそれにまんまと惹かれてしまう私...

 

 

 

 

 

 

↑絵具を散らしたような素敵な模様の黄色系の胡蝶蘭。

 

 

 

 

これがもとなのか...

 

 

 

 

 

hanging candle flower (beige)

 

 

 

 

 

先週アップしたキャンドルフラワー。
ここまで濃い黄色の胡蝶蘭、生花では見たことがないですが、リップのえんじ色も含めて美しいですよ。
蘭のちょっと変わった品種や原種に近いものはグロテスクで苦手な方も、アンティーク系のハンギングにキャンドルと合わさって何となくいい雰囲気を感じて頂ければうれしいです♪

 

 

 

 

 

 

hanging candle flower (gray)

 

 

 

 

 

これはバンダという蘭です。
今の時期だとお花屋さんでも見ていただけるかもしれません。多くは青や紫系で、土やコケに覆われることなく素の根のまま鉢に入っています。
もともと樹木の高い位置に着生して、根から空気中の水分を吸って生きているような植物なので、鉢から出してぶら下げておいても絵になるような素敵なお花です。
このアーティシャルフラワーも普段目にするバンダとは違ったイメージですが、これもこれで美しいと一人感じてしまい、リースにしてみました。
キャンドル以外にも、小さいスピーカーや、フレグランスの瓶、ライトなどと合わせてインテリアとしてお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

花の音 クラウンアレンジメント

 

 

 

ライム系の胡蝶蘭。この辺りはナチュラルですね。

 

 

 

 

 

【アーティシャルフラワー 芍薬と胡蝶蘭のリース】

 

 

 

 

 

王道の白い胡蝶蘭と芍薬で見ごたえのあるリース。
平たい花形のものは面を作りやすいので角度に気を使いますが、アーティシャルフラワーなら少々のことで傷ついたり壊れることがないので助かります 笑
なので、アーティシャルフラワーの蘭は私にとっても楽しい花材の一つです。
一輪でも存在感のある蘭、ガラスボールに水を入れて浮かべても、砂や石を入れてその上にそっとのせても、ドライな感じだったり、南国気分だったり♪
これからの季節におすすめの飾り方。ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

6月の花嫁日本版  アーティシャルフラワーで彩る和装婚

 

 

 

 

 

6月もすでに後半、滑り込みジューンブライド。
6月に結婚した花嫁は幸せになれる♡

が、実際ブライダルのお仕事をしていてもだからといってあんまり影響がないような...
日本ではちょうど梅雨時期ですね。屋外ロケなどの計画もなかなか不安定な感じで...
もともとの起源はヨーロッパ。
あちらはこの時期の気候が一番いいみたいで、海外挙式を計画されている方ならぜひおすすめです!

 

そんな簡単にはいかない方へ、そしてあえての和装婚のすすめ

引き続きの蘭をあしらったブーケです。

 

 

 

 

 

和のブーケ(phalaenopsis)

 

 

 

 

 

 

【和のブーケ(dahlia)

 

 

 

 

 

 

和装、お色も柄もバリエーションいっぱいでドレス以上に迷ってしまいます。
柄に一つ一つ意味があったり、日本の心を残しつつ、流行にも乗って、よりオリジナリティにあふれた挙式を楽しめるのではないでしょか?
和装にブーケ...従来は扇子などの小物を使われることも多かったですが、シーンでのチェンジアイテムとして、フォト撮影に、お着物に合ったお花でさらに彩りを加えてみるのもおすすめですよ。

お着物のボリューム感、お色や柄の美しさを壊さないように小さめに仕上げたブーケ、和装と相性のいい蘭やバラで上品にお作りしています。
ヘッドドレス等も合わせてご用意いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

さてさて梅雨...泣き出しそうなのにいまいち涙が出ないような空。
梅雨明けまではまだまだ遠そうです。
田植えの終わった田んぼ、晴れた日の朝焼けが一番きれいなのですが...
なかなか住んでいてもレアな景色なのです。

 

 

 

 

angers|アーティシャルフラワー

angers|アーティシャルフラワー

angersでは、アーティシャルフラワー・プリザーブドフラワー・ドライフラワーなどを用いたオリジナルのブーケやリースを通じて、ブライダルのような特別な一日から、何気ない日常まで、様々シーンを華やかに彩る空間の演出をご提案致します。お好みのイメージに合わせてオーダーメイドでお作り致しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

屋号 angers
住所 〒701-0211
岡山県岡山市南区東畦817-16
電話番号 086-289-5735
営業時間 10時~17時
代表者名 若林 裕子 (ワカバヤシ ユウコ)
E-mail info@angersfleurs.com

コメントは受け付けていません。