angers|アーティシャルフラワー angersでは、アーティシャルフラワー・プリザーブドフラワー・ドライフラワーなどを用いたオリジナルのブーケやリースを通じて、ブライダルのような特別な一日から、何気ない日常まで、様々シーンを華やかに彩る空間の演出をご提案致します。お好みのイメージに合わせてオーダーメイドでお作り致しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

フラワー制作での自然と不自然の共存

ナチュラル感を求めて...

 

 

 

 

今年は実に梅雨らしい梅雨ですね…。
週間天気は毎日雨☂マークで、見ているだけで心が下降してしまいます。
今年の七夕飾りの短冊に息子がしたためたお願い事...「雨は夜降って、朝には晴れてほしい」...と。
外で遊びたいので晴れてほしいけど、雨も降らないと木やお花も喉が渇くよといった結果、彼の中で解決策を見つけたようです。
そもそも短冊に書くことなのか...がそこは親子、母もそう願っています。

 

お天気や、災害、山や海の中の世界は、人間にはどうにもできない壮大な自然ですが、普段の生活の中の自然や心地よさといった、感覚的なものは慣れのようなものなのかもしれません。
人は育つ環境はそれぞれ違っても、様々な情報を目にして、聞いて、あるいは経験を積み重ねるうちに、習慣となったものを自然と認識するように思います。
なので小さな子供を見ていると、視野の狭さだったり、紙切れ1枚に裏表があることや、箱に実は蓋があって開閉できたり中に空間があったり、何気ない大人の当たり前が通用されず、逆にハッとさせられてしまいます。

 

お花の咲くパターンとして、その多くは下の一番花が一番大きい輪で花色も濃く、下から上へと徐々につぼみは開花していきます。
先端に近いほど、輪は小さく淡い色味になっていきますが、極まれに先端が1番花というお花を見ると、自然なはずなのに、非常に強い違和感を感じてしまいます。
普段お花を見る機会のない方なら、スルー出来るのでしょうが、見て見て!と騒ぎたくなるような私の衝動...聞いた方は「あ、そう...」くらいなものですが...。

 

 

生花にしろ、プリザーブドフラワーやドライフラワー、アーティシャルフラワーにしろ、私は制作するにあたってナチュラル感を大切にしていて、もちろんワイヤーやボンドなど使ってはいますがそれは水面下でのこと...それぞれのお花が生き生きと、日常空間に溶け込むようにと思っています。
つまりは私の作る自然は身勝手な価値観のようなものかもしれませんね。

 

 

ふり幅や角度、奥行きによる立体感は、自然なのか、不自然なのか...
単純にいいと思えば自然なのでしょうし、違和感を感じれば不自然なのでしょう。

 

 

なるべくならより多くの人の自然に近づきたいと思っていますが、そんな魔法の手が欲しいと、私は短冊に書こうかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

壁に飾る花~フラワーウォールデコレーション~

 

 

 

 

 

ここ最近は、お花のウォールデコレーション、壁飾りをアップしています。
壁からお花って不自然極まりない...
がそんなに浮いてなく見えるのは、商品として似たようのものをこれまでに見てきた経験なのか、ジャングルの木にぶら下がっているランの花を媒体を通して自然と認識できているからなのか、インテリアとしての絵画やアニマルヘッドのようオブジェの存在と同化してのことか...

 

あんまり深く考える必要もないので、普段の暮らしに、さりげなく気軽に飾れるものを...
主張していてもしていなくても、同じ空間にいて心地よさを感じてもらえるものをと制作しました。

 

 

 

 

 

 

 

キャンバスリース(white)

 

 

 

 

 

 

リースも1枚ボードがあるだけでぐーんと飾りやすくなりますよ。
きちんと感も出て、なんとなく絵になる。
ナチュラルで繊細な雰囲気は、暮らしの丁寧さを思わせる...
日常を楽しむ方へおすすめのアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

フレーム リース・ウォールデコレーション(white)】

 

 

 

 

 

 

 

わたしは単純にふわふわしたものが大好きです。
わたしの手でさらにふわふわしさせたくなります。
でも根占は肝心です!
締めるところを締めてこそふわふわが生きてくるもの...モノの強さと弱さ、ゆるさと固さ...つり合いのとれたところに心地よさが生まれるのだと言わんばかり作品です(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォールデコレーションフラワー(natural)

 

 

 

 

 

はみ出してもいいんです!
枠にとらわれる方が不自然(←身勝手な価値観⁉)。
せっかく物体を飾るなら存分に奥行を味わって。
平面の中に奥行きのある絵画も素敵ですが、立体的なオブジェは空間そのものの奥行きも感じさせてくれますよ。

 

自然の材料に、手を加えて作り出すアイテムたち...それでも自然さを失わないように、感覚だけの世界ですが少しでも見てくれる方へ伝わればうれしいです。

 

 

 

全く話は変わりますが、お家を立てるときに、床から生えたようなキッチンをオーダーしました。
なかなかイメージを伝えるのは難しいものですが、テイストや素材などの統一感にはひどいこだわりが発揮されるので、非常にめんどくさいおばちゃんだったでしょう...
ナチュラルに見せる人工的な力...自然も不自然もちょっとした差なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家のキッチンはちゃんと生えてます。
ゆるゆるの中のこだわり...何事も強弱強弱...
自然以上の自然を目指して邁進していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

angers|アーティシャルフラワー

angers|アーティシャルフラワー

angersでは、アーティシャルフラワー・プリザーブドフラワー・ドライフラワーなどを用いたオリジナルのブーケやリースを通じて、ブライダルのような特別な一日から、何気ない日常まで、様々シーンを華やかに彩る空間の演出をご提案致します。お好みのイメージに合わせてオーダーメイドでお作り致しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

屋号 angers
住所 〒701-0211
岡山県岡山市南区東畦817-16
電話番号 086-289-5735
営業時間 10時~17時
代表者名 若林 裕子 (ワカバヤシ ユウコ)
E-mail info@angersfleurs.com

コメントは受け付けていません。