angers|アーティシャルフラワー angersでは、アーティシャルフラワー・プリザーブドフラワー・ドライフラワーなどを用いたオリジナルのブーケやリースを通じて、ブライダルのような特別な一日から、何気ない日常まで、様々シーンを華やかに彩る空間の演出をご提案致します。お好みのイメージに合わせてオーダーメイドでお作り致しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

迎える春に添えた誓いと門出...

迎春に彩りを添えた結婚式

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

 

 

年末は最後までバタバタとあれよあれよと年が明けてしまいました。

 

 

私は親族が多いので、毎年親戚周りでお正月が終わってしまうのですが、今年のお正月、本当は結婚式のご招待をいただいておりました。

それに託けて京都旅行☆あんじ(ヤギ)どうしようと思いながら...お正月の京都はさぞかし風情があるのではとずいぶん前から浮足立っていたものの、12月全国的にもコロナ第3波の勢いがすごく、参加をご遠慮してしまいました 涙涙涙

 

 

 

ご新婦様とは、年は離れていますが従妹になります。

ブーケのご依頼を受けていたので、年末に発送し、寒波による積雪の影響もなく、無事に元旦に到着致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実にあっさりとした彼女からは、ドライフラワーでホワイト系、グリーン(葉物)を入れてとざっくりなオーダーでしたが、喜んで頂けたようでほっとしました。

 

 

 

彼女の母、私の伯母は私が幼いころ、青年海外協力隊の一員としてネパールで活動していました。
祖父母の家には伯母が持ち帰った、あるいは送ってきた民族的な...雰囲気のある...子供の私にとっては気味の悪いようなお人形やお面が所々に飾ってあり、実に奇妙な空間が至る所にありました。
帰国後は、私や弟をよくお買い物に連れて行ってくれたり、ご飯を食べに連れて行ってくれたり、音楽発表会を見に来てくれたり、本当の娘のようにかわいがってもらい、私もそんな伯母が大好きでした。

私が小学校4年生になったとき、ネパールでの支援活動の際に知り合った方と結婚し、千葉県へ嫁いでいきました。

結婚式でのお色直しは華やかなピンクのサリーで、喜ばしいことではありましたが、私は内心とても寂しかったことを記憶しています。

お式が終わった後、伯母は持っていた白いユリのブーケを私にくれました。

翌日、真夏のディズニーランドでそれを持ち歩き、帰岡の際にはもちろん茶色く変色しすっかり傷んでしまいました。

 

 

そんな伯母夫婦にまもなくして可愛い女の子が生まれました。

 

 

どんな環境でも生きていけるようにと、自然に揉まれ、世界中どこへでも持っていけれるからとバイオリンの習得を勧め、そうして育て上げられた彼女は社会人になり、やはり青年海外協力隊の一員としてソロモン諸島に旅立っていきました。蛇口をひねればきれいな水が当たり前のように出る日本とは別世界の途上国...ですが、きっと両親から受け継いだであろうDNAに含まれた抗体と、ポジティブさで、ゴキブリ撃退のためにホウ酸団子を作り、休暇中には難民船さながらのタンカーで旅に出ては、2年の任期を満了というよりは満喫できたのではないかと思います。帰国後の彼女はより活動的できらきらと、強さとやさしさの入り混じったようなはじけるような笑顔が印象的な女性となっていました。

 

 

娘がソロモンに立ったのを追うように、伯母夫婦もまたシニア海外協力隊としてJICAよりコスタリカへ旅立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発展都市の陽の部分と、振り返れば影の部分、送られてくる写真はどれも美しく、うらやましいものばかりでしたが、決してレンズを向けれない、写せないせない部分があること、根強く残る人種差別、教科書で知ることはほんとにごく一部で、リアリティなど全くない他人事...しかし実際にその世界に入り、見て、聞いて、巻き込まれれればいやでも分かるリアルな実情...経験ほどの強みはないのではないでしょうか?

 

 

人脈であったり、人生の幅や深み、自身のテリトリーについて、必ずしも必要とは思いませんが、もし必要と思えば自らの行動でいくらでも広げ、掘り下げていくことができるものだと思います。途中、そのこだわりが必要か不必要か選択しながら、自身さえぶれなければ、最終的には1本の大木のように、根を張り、枝を広げ、葉を茂らせ、花を咲かせ、実がなるように...

自分は今どこなんだろうと考えながら、まだ根も張れてないのではといささか焦ってみたり...

身内ごとではありますが、一つの家族の在り方で、そんな回想に至ってしまいました。

 

 

 

話をごっそり戻して、彼女がソロモンで得たものは経験とそれ以上に素敵な運命の出会いでした♡

そうご新郎様も、隊員のお一人で、帰国後は理科先生として教壇に立たれているそうです。

今回、参加のご遠慮を連絡させていただいた時も、いつも通り明るく「ZOOMでします!」とおしゃっていただき、当日は 親族のグループライン片手に、PCでZOOMという形で、列席させていただきました。ホントに便利な世の中ですね...(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※ご新郎様けん玉5段ににつき?スペシャルゲスト【zoomadanke】)

 

 

 

 

 

綺麗なドレス姿や華やかで上品な振袖姿、ご新郎様の感動的な再プロポーズ、ご新婦様とお父様のバイオリン・ギターのセッション♪
お二人の温かな人柄が、細部にまで感じられ、本当に和やかで幸せな時間を共有させていただきました。

 

 

 

出会うべくして出会ったお二人...今まで培ってきた生きる力をお互いに引き出し合い、高めながら今後の人生を輝かせてくださいね。どうぞ末永くお幸せに...♡

 

 

 

最後に、昨年の世界規模のコロナ感染拡大に、多くの方が犠牲となり、今現在不便を強いられている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

昨年3月に、日本人の海外支援は一旦停止となり、隊員の方々は一斉帰国となりました。コロナは一過性のものかもしれませんが、今もこうしている間、支援を待ちわびている方々が、世界中にたくさんいらっしゃいます。

一日も早くコロナが終息し、再び国境を越えての支援が、行き届く日が来ることを心から願っています。

人の力でどうにもできないことも沢山ありますが、人間は不可能を可能にする能力が備わった生き物と思っています。

微々たる力も、意識の向け方で世の中は変わってくるのではないでしょうか?

 

 

皆様にとりまして、穏やかで明るい一年となりますようお祈り申し上げます。

 

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

angers

 

 

 

 

 

angers|アーティシャルフラワー

angers|アーティシャルフラワー

angersでは、アーティシャルフラワー・プリザーブドフラワー・ドライフラワーなどを用いたオリジナルのブーケやリースを通じて、ブライダルのような特別な一日から、何気ない日常まで、様々シーンを華やかに彩る空間の演出をご提案致します。お好みのイメージに合わせてオーダーメイドでお作り致しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

屋号 angers
住所 〒701-0211
岡山県岡山市南区東畦817-16
電話番号 086-289-5735
営業時間 10時~17時
代表者名 若林 裕子 (ワカバヤシ ユウコ)
E-mail info@angersfleurs.com

コメントは受け付けていません。